chocoの日記

女性の名言の紹介、インドネシアでの駐在妻生活で経験したこと、その他雑記を書いています。

他人の失敗から学びなさい。あなたは全ての失敗ができるほど、長くは生きられないのだから

f:id:choco-885:20201126233248j:plain

他人の失敗から学びなさい。あなたは全ての失敗ができるほど、長くは生きられないのだから。
エレノア・ルーズベルト

 

エレノア・ルーズベルトはアメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトの夫人です。世界のファーストレディとも呼ばれるエレノアですが、結婚当初は政治や社会問題にそこまで関心があった訳ではありませんでした。第一次世界大戦の悲惨な経験やフランクリンが病気になったことなどをきっかけに、夫に助言をしたり、表舞台に立って演説をするなど、政治に積極的に関わっていきます。

エレノアが特に力を入れていたのが社会的弱者の権利を擁護することでした。人種差別、貧困、女性の地位向上など、常に弱い立場の人の味方であり続けました。大統領が亡くなった後は人権委員会の委員長となり、世界人権宣言の起草に携わりました。

 

差別主義者などからの批判もあった中、社会的弱者の救済に努めたエレノア夫人。

「あなたの心が正しいと思うことをしなさい。どっちにしたって批判されるのだから。」

こちらも有名な言葉ですが、この言葉は周りからの批判を浴びながらも自分が正しいと思うことを貫き通したエレノア夫人の生き方がよく表れている言葉だなと思いました。

 

他の人の失敗や経験から学ぶ 

今回の名言ですが、自分の失敗だけでなく他の人の失敗からも学ぶことの大切さに共感したので選びました。失敗には色んなパターンや原因があると思いますが、エレノア夫人の言うように一生のうちに失敗する回数は限られていますね。失敗は誰にでもあることだし、他人事で終わらせないようにしたいものです。

 

「しくじり先生」というテレビ番組をご存じでしょうか?

主な内容は、有名人が先生となり失敗した過去の経験から得た教訓を話す、というもので、基本は笑えるのですが苦労話や感動する場面があったり…

テレビなので演出などはあるでしょうが、有名人の意外な一面が見れたりして楽しく見ています。その方の失敗した経験からのお話なので説得力もあるし、良い番組だなと思って見ていました。

失敗は恥ずかしさを感じることもあり、なかなか話すことに勇気が要りますが、失敗した経験が誰かの為になることもあります。

私も嬉しいことや楽しいことだけでなく、失敗して気付いたことを人に伝えたいなと思うことが増え、「失敗すること」に対する意識も少しづつ変わってきている気がします。失敗したことを悔やんだり、落ち込んだりもしますが、自分も周りも学べるきっかけになると思うと気持ちが救われますね。失敗談を明るく話せる人は素敵だし、そうなれたらいいなと思います。

 

近年は個人の発信が更に活発になり、他の人の経験から学べる機会がより増えたのではないでしょうか。

色んな世界や、考え、生き方があって、今現実にいる場所や接している人たちが全てではないし、世界はもっと広いんだなと気付かせてくれます。自分と同じような考えの人を見つけることができたり、自分だけじゃないと思うと安心することもありますよね。

ネットをほとんど使うことがなかった学生時代、私は何を考えて過ごしていたかな…今考えると、狭い世界の価値観の中で生きていたように思います。

ネットの世界は良いことばかりではありませんが、本当に世界が広がりますね。

 

読んでいただきありがとうございます(*^ ^*)